スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted at --年--月--日 | 記事URL | スポンサー広告 | Top↑

画像に鏡面効果を施すオンラインジェネレータ『Reflection Maker』

Reflection Maker

Image reflection generator - create reflections with Reflection Maker

画像にWeb2.0的デザインでよく使われる鏡面加工をしてくれるジェネレータです。 画像のURL指定またはローカルファイルのアップロードをすることでその画像を処理してくれます。 なお、画像の容量は50KBまでしか使えませんので注意。

使い方は非常に簡単で、画像のURLを指定するかローカルファイルを指定して、 あとは鏡面部分のサイズ、鏡面部分の背景の色を指定して「generate」のボタンを押すだけです。 その後は、出力された画像の下側に「download」のボタンが出るので、それをクリックすると画像が落とせます。

>続きを読む
Posted at 2007年09月23日 | 記事URL | Webサービス | Trackback(0) | Comment(0) | Top↑

ツンデレボイス搭載のワンセグ受信機『SEGNITY』

ツンデレワンセグ『SEGNITY』

■【画像・動画あり】ツンデレワンセグテレビにデレデレしてみる(Impress AV Watch)

なんという力の入ったレビュー…。

普通にワンセグ受信機としても使えるので(というかそれが当たり前ですが)、 完全にネタに特化した機器ではないですね。価格ですが

オープンプライスだが、店頭予想価格は12,800円~14,800円程度の見込み

と、あるので購入するのにそれほど敷居も高くなさそう。 どれだけ売れるのでしょうか…。

類似記事
イー・レヴォリューションが低価格で高機能の遊べるワンセグテレビを販売(Japan.internet.com)
ツンデレTV、ついに発売!!! 「ツン」から「デレ」まで、変化を徹底検証(BCNランキング)

ツンデレつながり(記事と全然関係ない)
ツンデレサーチ! (ツンデレ型検索エンジン)
ツンデレマップ!(ツンデレ型地図作成サービス)

Posted at 2007年09月21日 | 記事URL | ハードウェア | Trackback(0) | Comment(0) | Top↑

フォント関連記事2件 商用利用しやすい日本語フォントとフリーの欧文フォント

Liner Note - 無償で商用利用できて品質の高い日本語フォント一覧

商用利用する際に、個人利用とほぼ同じ条件で使用できる 高品質の日本語フォントが紹介されています。 "無料で利用できる"のではありませんので注意。

「商用利用」という言葉はWebサイト制作では避けて通れないのですが、 商用利用の範囲がEコマースのような商品を販売するサイトに限定されるのか、 単純に法人運営のサイト全般であるのか、という疑問が いまだに自分の中で解決されておらず、よく困ることがあります。

分からない場合はとりあえず使用は避けるようにするのが無難ですが、 そういうフォントに限って使いたかったりするものだったりするので困りもの。 このあたりはメーカー(というか業界)全体で定義してほしいなぁ、と思ってたり。


フリーで使えるフォントいろいろ:phpspot開発日誌

こちらはタイトルどおりフリーで使用できるフォントの紹介がされています。 海外のサイトなので残念ながら日本語フォントはありませんが、 デザインの幅は広げられそうです。

Posted at 2007年09月20日 | 記事URL | フォント | Trackback(0) | Comment(0) | Top↑

映画のタイトルロゴのような光と文字を描画するPhotoshopチュートリアル

映画のタイトルロゴのような光と文字を描画するPhotoshopチュートリアル

PSDTuts » Advanced Glow Effects
(情報元:映画のタイトルロゴのような非常に美しい光と文字を描画するPhotoShopチュートリアル:phpspot開発日誌

非常に美しい光と文字を描画するPhotoshopチュートリアルが紹介されています。例によってチュートリアルが英語なのですが、作ってみたかったので必死こいてやってみました。

以下画像付き手順。参考になれば。なお、使用したPhotoshopのバージョンはCS2です。

>続きを読む
Posted at 2007年09月19日 | 記事URL | Photoshop | Trackback(0) | Comment(5) | Top↑

著作権フリーの写真素材を配布している『へもぽと』

へもぽと

へもぽと:著作権フリーの無料壁紙・写真素材集(加工・再配布OK!)

サイト運営者が実際に撮影した写真を素材として配布されています。画像サイズは全てXGA(1024x768)で公開されています。 撮影に使用しているのはFinePix F30だそうです。 最新機種ではないですが、今も幅広いユーザーから高い評価を受けているモデルですね。

加工・再配布・商業利用がOKということで、使用条件はかなりゆるくなっています。 サイトを開設したばかりということで、まだ公開枚数が少ない感はありますが、素材の質はなかなかいいです。今後にも期待。

Posted at 2007年09月19日 | 記事URL | 素材 | Trackback(0) | Comment(2) | Top↑

モバイルGoogleマップがDoCoMoのNシリーズ携帯のニューロポインターに対応

以前のエントリーで、モバイルGoogleマップを試した際に、Nシリーズについているニューロポインターが対応していないと書いたんですが、アプリをバージョンアップしたらちゃんと対応済みになっていました(以前のエントリーにもこの旨を追記)。

操作感もよく、便利すぎる…。

ただ、気持ちよく操作できるだけに、パケット定額に入っていない人は要注意。私は携帯に関してはライトユーザーなので定額サービスに入っていないので、ためらうことなく使いまくるのはさすがに無理です。1MBくらい簡単にいってしまうので。

Posted at 2007年09月17日 | 記事URL | Mobile | Trackback(0) | Comment(0) | Top↑

いろいろな「404 Not Found」ページのデザイン

404 Error Pages: Reloaded | Design Showcase

404 Error Pages: Reloaded | Design Showcase

ページが存在しない場合に返される404のページデザインが色々と紹介されています。 インパクトのあるイメージからかわいいもの、説教くさいものやWindowsのブルースクリーンを再現したものなど多種多様で、 ページがないのにページがあるとはこれいかに、という感じです。主張強すぎ。

カスタマイズの方法はこのページあたりが 参考になると思います。カスタマイズには、使用しているサーバーで.htaccessが使えることが前提になります。 レンタルサーバーだと使用できる機能が制限されていてエラーをはく場合もありますからね。

Posted at 2007年09月15日 | 記事URL | デザイン | Trackback(0) | Comment(0) | Top↑

ブラウザの文字サイズ 「最大」と「大」を合わせて80%以上!?

Business Media 誠:「ブラウザの文字サイズ最大」が半数以上―家庭用PC

ブラウザの文字の大きさは、「最大」に設定している人が55.2%で最も多く、 次いで「大」が25.9%、「中」が6.8%。また「分からない」と回答した人は2.2%で、購入時のままの設定のようだ。

PCディスプレイのサイズやブラウザ表示の文字サイズに関するアンケート結果なのですが、 ブラウザの表示文字サイズが「最大」と「大」を合わせるだけで実に80%を超えるという驚きの結果が…。

もし、このサイズで見ている人がこれほど多数だとするならば、多くのWebページのレイアウトは 相当崩れまくって見えるような気がするんですが、見ている人はそのへんは気にならないのでしょうか…。 IEに限って言えば、CSS等でフォントサイズを固定にしているなら、文字サイズが最小でも最大でも変わらないので 制作者側としては問題ありませんが、それ以外だとけっこう大変なことに。使用ブラウザのシェアも気になります。

で、再度冷静になって記事を読み返したところ、

子育て支援サイト「こそだて」で実施したもので、回答数は516人(男女比24:76)。
どうもアンケートの母体が偏っているような気がします。 とはいえ、母体が偏っているということだけで完全に切り捨てるのも難しいところであり、 なかなか考えさせられるアンケート結果です。

Posted at 2007年09月14日 | 記事URL | ニュース | Trackback(0) | Comment(0) | Top↑

国内の検索シェア、YahooがダウンしGoogleがアップ

日本国内の検索シェア、ヤフーが47.4%、グーグル35% - comScore Japan調査 :: SEM R

全検索件数は2006年7月の47億5,400万件から57億9,500万件と21.9%増加。 これを検索エンジン別に見るとヤフーは31億3,400万件から27億4,400万件と12.4%マイナスに対して グーグルは13億2,200万件から20億2,700万件と53.3%増加している。

さらに検索シェアもヤフーは65.9%から47.4%と1年で18.6%マイナスに対して グーグルは27.8%から35.0%と7.2ポイント増加。

YahooとGoogleの勢いが対照的ですね。 ただ、仕事で管理している自社とそれらの関連サイトのアクセス解析の結果を見ていると 相変わらずYahooからのアクセスが多く、大まかな比率としては、Yahoo7:Google2.5:それ以外0.5、という感じです。 そのため、このままGoogleがシェアを伸ばしていけるかというと、なかなか厳しい気がします。

Posted at 2007年09月13日 | 記事URL | ニュース | Trackback(0) | Comment(2) | Top↑
前ページ | Home | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。