スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted at --年--月--日 | 記事URL | スポンサー広告 | Top↑

画像よりもテキストやHTMLによるスパムメールが活発化

スパムメールまみれ

スパム:画像が減少するも、テキストとHTMLが活発化--シマンテック調べ:ニュース - CNET Japan

発表によると、9月のSMTP層における全送信メッセージの中の迷惑メール(スパム)の割合が70%に達した。 なお、全スパムにおける画像スパムが占める割合は7%となり、8月の10%よりさらに減少している。

その一方でテキストとHTMLベースの攻撃が活発化している。

毎日受信するメールの99%がspamな私ですが、たまにおもしろいタイトルや内容だったりするので 最近はこういうspamを見つけるのが1つの楽しみになってしまいました…。 アルフォンヌ先生とヒゲゴジラとかモーニングブルードラゴンとか…。

さて、本題のspamですが、画像よりもテキストベースが増えているとのこと。 基本的に怪しいメールは開かずにすぐ削除するのが、ウイルスやフィッシングにひっかからないための王道的な防衛手段です。 とはいえ、前述したように時々おもしろいspamもあるので、油断すると痛い目を見るかも…。

Posted at 2007年10月10日 | 記事URL | ニュース | Trackback(0) | Comment(0) | Top↑
1つ後の記事:HTMLテーブルにカーソルハイライト機能を付けられるJavaScriptライブラリ『Tablecloth』
1つ前の記事:毎月恒例の『Windows Update』@2007/10














管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→http://smallwebmemo.blog113.fc2.com/tb.php/106-c57a8ef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。