スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted at --年--月--日 | 記事URL | スポンサー広告 | Top↑

Google AdSenseの広告ユニットのクリック範囲が変更に

情報元:
アドセンスユーザーに痛ーいお知らせ…(涙) (SEO対策データベース)
アドセンス広告ユニットのクリック範囲が変更に!?|WEBマーケティングブログ

このブログにもあるGoogle AdSenseですが、このアドセンスの広告ユニットのクリック可能な範囲が変更になりました。

今までは広告ユニットほぼ全体がクリック可能範囲になっており、広告と広告の間の空白部分もクリックできるようになっていました。

今回の変更で、広告ユニットに関しては広告の見出しとURLのみがクリッカブルになり、説明文や広告間の空白部分はクリック範囲から除外されています。これにより、うっかりクリックしてしまったということがほぼなくなるでしょう。また、広告を出している人にとっては、今までよりも費用対効果が高くなりそうです。

一方、広告を貼っているWebサイトマスターからすればちょっと痛い変更かもしれません。しかし、私もこのブログにアドセンス貼っていますが、私個人としてはこの変更には賛成です。時々自分のブログの広告をクリックしかねないことがあったというのもありますが、クリック可能な範囲が今まで明らかに不自然で気持ち悪かったですし、やはり広告はその内容に興味のある人だけが的確にクリックできるような状態にするほうが理想的だと思うからです。誤爆クリックは時間の無駄ですからね。

それと、この記事をアップする直前に気になった記事があったので、アドセンスつながりで紹介。

Adsenseの『スポンサードリンク』には、実はスペースが必要だった?*ホームページを作る人のネタ帳
タイトルだけだとなにかと思われますが、アドセンスを貼るときに、周囲のコンテンツと明確に区別するために『スポンサードリンク』と入れなければならない場合があるのですが、この『スポンサードリンク』の『スポンサード』と『リンク』の間にスペースが入っていないとダメらしいです。

○:スポンサード リンク
×:スポンサードリンク

今のところ警告のメールが来たりしていないので真偽は不明ですが、不安な方は直しておいたほうがいいかもしれません。

▼スポンサードリンク

Posted at 2007年11月18日 | 記事URL | その他 | Trackback(0) | Comment(0) | Top↑
1つ後の記事:フリーで使えるPhotoshop用のグラデーションファイル集
1つ前の記事:IEの、ActiveXコントロールを組み込んだWebサイト閲覧時の1クリックが不要に














管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→http://smallwebmemo.blog113.fc2.com/tb.php/149-cc9a1b2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。