スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted at --年--月--日 | 記事URL | スポンサー広告 | Top↑

Photoshopで輝く美しいパーティクルエフェクトを作成するチュートリアル[改訂版]

Photoshopで輝く美しいパーティクルエフェクトを作成する

Beautiful lighting FX effect in Photoshop

以前書いたエントリーのやり直し版。今回は出来る限り元のチュートリアルに沿う形でチュートリアルの書き直しを行いました。

最後のほうは多少適当になってしまいましたが、基本的な箇所はほぼチュートリアルどおり出来たので、今回は参考になると思います。

以下手順です。使用したPhotoshopのバージョンはCS2。

1.元のチュートリアルに忠実に沿う形をとるので、まず上記リンク先のチュートリアルの最後にPhotoshopのファイルがあるので、これをダウンロードして解凍します。
PSDとブラシをダウンロード

2.この中にブラシファイルが2つあるので「Vector 02.abr」のほうを読み込んでおきます。読み込み方は、Photoshopを起動してメニューバーの「ウインドウ」→「ブラシ」でブラシウインドウを開き、「ブラシファイルの読み込み」で該当のブラシを読み込みます。

※ダウンロードしたブラシが読み込めない方は、旧バージョンのPhotoshopで新バージョンにしか対応していないブラシを使う方法を参考にしてみてください。

3.新規作成で、サイズはとりあえず500x300にします(任意)。まずは背景を黒く塗りつぶします。

4.背景の上に新規レイヤーを追加します。レイヤー名は「head」としておきます。

5.最初に読み込んだブラシのうち、以下のブラシを使用します。デフォルトでは大きいので、サイズを元よりも小さくして使用します。色は白(#ffffff)にします。左上あたりに1クリックして描画します。
使用するブラシ

ブラシで左上に描画する

6.新規レイヤーを「head」レイヤーの上に追加します。レイヤー名は「tail」としておきます。

7.ブラシツールを選択し、以下のブラシを選択して、「ブラシ先端のシェイプ」「シェイプ」「散布」の設定を行います(使用ブラシと設定は以下の画像参照)。ブラシで使用する色は白(#ffffff)にします。
ブラシ先端のシェイプの設定

シェイプの設定

散布の設定

8.設定が出来たら、クリックしたままドラッグすると以下のような感じで描画することが出来ます。うまくいかない場合は何回かやり直してみてください。
ブラシでパーティクルを描画する

9.新規レイヤーを背景の上かつ「head」レイヤーの下に作成します。レイヤー名は「colorbase」としておきます。

10.ブラシウインドウを開き、以下のブラシ(ソフト円ブラシ)を選択します。200pxか300pxかは使いやすいほうを選んでください。
色塗りに使用するブラシ

11.このブラシを使ってこのレイヤーに色をつけます。3色がそれぞれバランスよくなるようにドラッグしたりクリックしたりして調整します。なお、色はそれぞれ以下の色を使用しました。

  • 左:#00f8fb(水色っぽい色)
  • 中央:#ff00c6(紫っぽい色)
  • 右:#f8fb00(黄色っぽい色)

12.色を付けると以下のようになります。
こんな感じで塗る

13.ここまでのレイヤー構造はこのようになります。
ここまでのレイヤー構造

14.「head」レイヤーを選択してアクティブにします。メニューの「選択範囲」→「選択範囲を読み込む」を選択すると、以下のウインドウが出るので「OK」をクリックします。「head」レイヤーが選択状態になります。
そのまま「OK」

15.「head」レイヤーが選択状態のまま、「tail」レイヤーをクリックしてアクティブにし、メニューの「選択範囲」→「選択範囲を読み込む」を選択すると、前と同じウインドウが出ますが、選択可能な項目が増えていますので「選択範囲に追加」を選んで「OK」をクリック。
「選択範囲に追加」を選んで「OK」

16.この手順によって、「head」レイヤーと「tail」レイヤーのブラシ部分が選択された状態になります。
2つのレイヤーが選択状態になる

17.「head」レイヤーと「tail」レイヤーが選択範囲になっている状態で、「colorbase」レイヤーをクリックしてアクティブにし、レイヤーを表示しているウインドウの下にある「レイヤーマスクを追加」ボタンをクリックします。
「レイヤーマスクを追加」ボタンをクリック

18.レイヤーマスクが追加されると以下のようになります。
うっすらと色がついている

19.「colorbase」レイヤーが選択されている状態で、「フィルタ」→「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」を選択します。ぼかしの値は4.0~6.0くらいが適切です。ここでは5.0としました。
ぼかしをかける

20.ぼかしをかけるとこのように色がはっきりと出てきます。
発光が鮮明に

21.新規レイヤーを「colorbase」レイヤーの上に作成します。レイヤー名は「lamp」としておきます。

22.カラーピッカーの前面の色を「00f8fb」にしておきます。
カラーピッカーの色を「00f8fb」に

23.グラデーションツールを選択し、グラデーションエディタを開きます。

24.グラデーションのタイプを「描画色から透明に」のタイプにします。
グラデーションエディタの設定

25.グラデーションの前面色の位置を「0%」から「25%」の位置に変更します(下の画像参照)。
■設定前
設定前

■設定後
設定後

26.ここまで設定できたらグラデーションエディタを「OK」をクリックして閉じます。

27.グラデーションの種類を「円形グラデーション」に変更します。
「円形グラデーション」に変更

28.「lamp」レイヤーをクリックしてアクティブにし、グラデーションをかけます。「head」レイヤーで描いた円の中心を起点として、外側に向かってグラデーションをかける感じになります(下の画像参照)。
円の中心から外側へ向かってグラデーションをかける

29.グラデーションをかけるとこのように発光している感じになります。
グラデーション後

基本的な部分は以上で一応完成です。これ以降の手順はおまけに近いのでやらなくてもいいんですが、一応解説。ここからが一番やりづらいです。元のチュートリアルを読んでもいまいちよく分からなかったので、ここからは私自身のやったやり方になります。

30.「lamp」レイヤーを複製します。

31.ブラシツールを選択して、「ソフト円ブラシ」を選択します。ブラシの大きさは作っている画像サイズに一番合うものを選んでください。ここでは65pxのものを選択しています。また、ブラシの設定で「散布」のチェックが外れていることを確認してください。色はheadの色と同じ「00f8fb」を使用します。
65pxのソフト円ブラシを選択

32.パーティクルに沿うような感じでブラシで色を塗ります。
パーティクルに沿う形でブラシで色をつける

33.「lampのコピー」レイヤーの「不透明度」「塗り」をそれぞれ50%に変更します。
「不透明度」「塗り」をそれぞれ50%に

34.「head」部分と同じくらいの発光具合になりました。
自然な感じに

35.「lampのコピー」レイヤーを複製します。「lampのコピー2」レイヤーが出来ます。

36.「lampのコピー2」レイヤーをクリックしてアクティブにし、「ディザ合成」に変更し、不透明度を5%、塗りを50%にします。
「ディザ合成」に変更し、不透明度を「5%」、塗りを「50%」に

37.塗りの部分が細かい粒子状に変わります。
細かい粒子状に変わる

38.あとは、この粒の不要な部分を消しゴムツール等を使って消して調整すれば完成です。
完成

元のチュートリアルに比べると不格好ですが、それなりにはなりました。実際のところ、この追加部分は作る画像によってかけるべきエフェクトは変わってくるでしょう。

■別サンプル:赤・黄基調の別バージョン例
赤・オレンジ・黄色でのサンプル

ブラシで描いたオブジェクトに色を付けるだけならわりとサクっとできますね。色々応用がききそうです。

▼スポンサードリンク

Posted at 2007年11月25日 | 記事URL | Photoshop | Trackback(0) | Comment(0) | Top↑
1つ後の記事:色で見る鏡音リン 鏡音リンのカラーパレットも作ってみた
1つ前の記事:[自腹検証]安くて速いUSBメモリは?














管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→http://smallwebmemo.blog113.fc2.com/tb.php/155-48170aeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。