ブログツールのMovable Typeがオープンソース化『Movable Type Open Source』(MTOS)

Movable Type

MTOS: Movable Type オープンソース・プロジェクト(MovableType.jp)

ブログツールで有名な『Movable Type』がオープンソース化するそうです。
その名も『Movable Type Open Source』(MTOS)。

以下一部引用。

◆Movable Type コアの、GPL による公開

Movable Type Open Source として、Movable Type のコア部分が、GNU General Public License で公開されます。これは Movable Type Open Source という個別のソフトウェアであり、Movable Type 基本ライセンスや個人無償ライセンスで利用可能なMovable Type とは別のプロダクトです。ただし、ソースコードとしてのMovable Type Open Sourceは、その他の商用版のMovable Type のコア部分とほぼ同等であり、Movable Type Open Source は開発のプラットフォームとしての位置づけを持ちます。

◆個人ライセンス (無償) と、Movable Type Open Source の違いについて

Movable Type の個人ライセンスは、Movable Type 基本ライセンス (有償) と同じソフトウェアを、個人所有のサーバーやレンタルサーバーで個人的な日記等を書くために無償で利用できるライセンスです。Movable Type Open Source は、これとは別の、Movable Type Open Source というソフトウェアを、GPLに則った条件で利用できるものです。

すでに上記MTOS: Movable Type オープンソース・プロジェクトにおいて、MTOSのナイトリービルドへのリンクがあり、ダウンロードできるようになっている模様。

今までの個人ライセンス(無償)も引き続き提供していくとのことですが、MT使っていないのでMTOSとの明確な違いはあまりよく分かりません。前提となる使用条件等が異なるくらいで、個人で使う分には実質それほど変化はないように見えます。

一時期有料化うんぬんで『WordPress』に大きくシェアを奪われた『Movable Type』ですが、今後どうなっていくか注目したいところ。ユーザーからすればありがたい話ですね。

この勢いでイメージキャラクターに『MTたん』を採用したら面白いのに。
(画像クリックで描いた方のページへ)
MTたん

▼スポンサードリンク

Posted at 2007年12月14日 | 記事URL | ニュース | Trackback(0) | Comment(0) | Top↑
1つ後の記事:Yahoo!が個人サイト・ブログに行動ターゲティング広告の配信を開始、名称は『アドパートナー』
1つ前の記事:任意の画像からカラーパレットとCSSを出力するオンラインジェネレータ『Palette Generator』














管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→http://smallwebmemo.blog113.fc2.com/tb.php/170-54f4292d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home