スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted at --年--月--日 | 記事URL | スポンサー広告 | Top↑

初音ミク『みくみくにしてあげる』JASRAC登録騒動 著作権法は一体誰のためにあるのか

初音ミク『みくみくにしてあげる』

初音ミク、JASRACデビュー(CloseBox and OpenPod [ITmedia オルタナティブ・ブログ])
事の発覚となった発端の記事?

みくみくにしてあげる♪JASRAC登録事件(Re:Moto)
フルみっく伝染歌プレーヤーの作者の方。

みっくみくがJASRACされた?!(訂正というか続き?)(秋葉に棲む)
権利関係の分かりやすいまとめ。

いまや初音ミクの代表曲といっていい『みくみくにしてあげる』(正式タイトル『みくみくにしてあげる♪【してやんよ】』)が、JASRACに登録されていることが分かり騒ぎになっています。

具体的な状況というか権利関係に関しては、上記3つ目の「秋葉に棲む」さんのエントリーが分かりやすいのでそちらをご覧いただくとして、以下では深く考えず思ったことを適当に。

今回の騒動での最大の懸念は、『みくみくにしてあげる』が今までのように自由に使えなくなるのではないか、ということに尽きると思います。曲のアレンジにせよ、動画内での曲使用にせよ、何にせよです。

作者のika氏のブログが見つからないので詳細は分かりませんが、上記2つ目の「Re:Moto」から引用させてもらうと、以下のようにika氏は述べられているようです。

私が認識している事と致しまして、少なくともニコニコ動画におきましてはどの様に使用されても使用された方にご迷惑がかからない事は確認しております。恐らくYouTubeに置いても同様かと思われます。

しかし、上記引用後に「Re:Moto」のモトダ氏は「本当にそうなのか?」と疑問を呈しています。



作者が使用OKと言っているのに、それを信じることが出来ないような現状の権利構造はどうなのか。また、支払いをするにしても、それがひどく分かりづらかったり、支払ったお金の流れが全く見えないのはどうなのか。

著作権法は、著作者を保護するためのもので、著作権を管理する団体を保護する法律ではありません。

権利が守られるべきであることは言うまでもありません。しかし現状の「権利」は、権利と言う名の「利権」になってしまっている感が強いです。しかもその「利権」を行使しているのは著作権者よりも、むしろ著作物の管理団体という有様。管理団体に委託されているのだから当然だろう、という反論があるのは重々承知ですが、違和感や気持ち悪さがぬぐえません。

結局のところ、この違和感を払拭するために我々(この場合は楽曲を使用したい人たち)が求めているものは、権利関係と対価の支払いに関する透明化と簡潔化ではないでしょうか。

法律が追いついていけないほど時代の流れが早いのならば、別のところからそれを補ってくれるような構造を作るようにした方がいいように思えるのです。もちろんそのようなものを作ることは容易ではありませんし、どのようにすればいいのかの対案も思いつきませんが、いがみあっていても先に進みません。

少しカッとなって書きましたが、この問題に関してはもう少し冷静に様子見をするべきかもしれません。ドワンゴやその子会社のニワンゴ、そして初音ミクの販売元のクリプトン・フューチャー・メディアの見解が聞きたいところですね。なかなか厳しいとは思いますが。

最後に著作権法の一番最初の条文を引用しておきます。

■著作権法第一章 第一節 第一条(目的)

この法律は、著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。
※太字は管理人編集


# 以下 2007/12/20 00:43 追記

クリプトンとドワンゴからの見解が出ました。クリプトンのものに関しては、コメント欄への伊藤社長の書き込みとなっており見づらいので、以下にコメントを全文引用させて頂きます。

[VOCALOID2情報] CV02「鏡音リン・レン」発売日決定!!(メディアファージ事業部 ブログ)のコメント欄よりそのまま引用。

こんばんは、クリプトン伊藤です。「みくみく~」のJASRAC登録の波紋が拡がってきましたので、説明責任を果たさせていただきます。

まず、私がこの事実を確認したのは、12/17(月)の午後、CloseBox and OpenPodからの記事でした。直ぐにドワンゴ・ミュージックパブリッシングという会社の連絡先を調べ、電話しましたが、担当者が不在のため折り返しの電話を待ちました。夕方5時半過ぎに連絡を戴きましたので、この件について説明を求めました。「何故JASRACに登録する必要があったんですか?」と。また、「アーティスト:初音ミク」という表記についての事前の相談はありませんでしたので、それに対する抗議です。

「初音ミク」という1つの音楽ソフトを通じて、才能あるクリエイターに正当な注目が集まることは大変喜ばしいことです。その様なクリエイターが多く育って、そして正当な対価を得られるようになることが、次のクリエイションを産むためには必ず必要です。しかし、現状の著作物利用料の分配の仕組みは、JASRACなどの仲介を得てはじめて実現するようです。例えばカラオケで「みくみく~」が配信されてますが、どれだけ歌われようが、JASRACなどの管理がなければ悲しいかな分配ゼロです。CGMの「入り口」として「ピアプロ」サイトを構築してますが、どうやら「出口」もしっかり用意せねばならない気がしてきました。

今回の件は、ドワンゴ社とも話し合う余地がありますので、弊社としても出来るだけ頑張ってみます。

「みくみくにしてあげる♪【してやんよ】」JASRAC登録にいたる経緯(ニコニコニュース)

「みくみくにしてあげる♪【してやんよ】」JASRAC登録にいたる経緯及び当社の考え方につき、ご説明いたします。(長いので以下略。全文はリンク先をご覧ください)

クリプトンとドワンゴの見解において確認の有無に関する部分が矛盾しています。どっちが嘘つきか、というよりも、どっちも混乱している、という印象です。これはまだまだ様子見しないとダメっぽい。

それと、今回の問題に関してJASRACはまだ責められるべき段階にはいない感じ。ちょっと先走りしすぎたかも、と反省。


※以下、上記とは関係ないけど権利云々で思ったこと。

上記問題とは関係ありませんが、権利関係云々の問題として、抱き枕カバーの販売中止問題が話題になっていますね。賛否両論になっていますが、これだけを見て同人活動(二次創作)全体に対する規制であると考えるのは相当な拡大解釈かと。これは「初音ミク」固有の問題ではなく、二次創作全般において常につきまとい続けている問題だと思います。

「初音ミク」は、今までのマンガやアニメなどの作品と比べて、ユーザーの手によって話題になり、質が高められ、売れて、成長し続けているという、ユーザー主導の面が非常に強いのは事実ですが、だからと言ってあらゆる二次創作が許されるということとはまた別の問題。今までがあまりにも自由すぎたのかな、と。もちろんその自由さがここまでのムーブメントを引き起こせたわけでもありますが。

今回は単に、PIAPRO内に明示されているコンテンツに関するガイドラインの但し書きの部分に抵触してしまったからのように思えます。とはいえ、クリプトンに見つからなければ販売できたかもしれませんが。

規約自体も若干曖昧さを残している感があるので、二次創作する側からすると神経質になるのはしょうがないんですが、曖昧であるということは、要するにお互い空気を読みましょう、ということなのかもしれません。

権利者側(クリプトン)も二次創作に極力理解するよう空気を読みますから、皆さん(二次創作する側)も空気を読んでくださいね、みたいな。

グレーゾーンなうえに、この場合二次創作する側の方が神経質になりがち(どこまでOKなのかが曖昧で分かりづらい)なので、両者が感じ取る空気が微妙にすれ違ってしまう可能性が生じるという問題がありますが。

▼スポンサードリンク

Posted at 2007年12月19日 | 記事URL | 雑記 | Trackback(2) | Comment(0) | Top↑
1つ後の記事:英語で書かれたPhotoshopに関する情報を読むのに役立つ『Photoshop 和英表現辞典(私家版)』
1つ前の記事:Webサイトを立ち上げる際にやってはいけない8つのこと














管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→http://smallwebmemo.blog113.fc2.com/tb.php/174-273f24b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【ニコニコ動画】【初音ミク】みくみくにしてあげる♪【してやんよ】 ドワンゴで着うた配信されている人気動画,楽曲「みくみくにしてあげる♪【してやんよ】」に印税が発声するため,作者に著作権を与える「著作権登録」がなされたらしい。 初音ミク&ヴォーカロイ... 楽器が大好き【2007/12/19 21:16】
みっくみくがカスラックに登録された問題が2ちゃんなど各所でどんどん加熱していってますね。 どうやら今回はドワンゴの勇み足って言うよりあからさまな計画的犯行の匂いがプンプン漂っているようで。 ねこくまネットワーク【2007/12/20 13:36】
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。