初音ミクと鏡音リンのカラーパレットを用いたミニ名刺

初音ミクと鏡音リンのカラーパレットを用いたミニ名刺

名刺の一部に、以前のエントリーで作った初音ミクのカラーパレット鏡音リンのカラーパレットを用いた名刺。

とはいえ、これは私が作ったものではなく、別の方が作られたものです。完成後に名刺をわざわざ送っていただきました。ありがとうございます。以下、詳細を写真付きでご紹介。

※紹介に際し、ご本人の許可を頂いています。

実物の写真

表面。一見すると普通の名刺。
名刺の表

裏返すと例のカラーパレットが!これはミクのカラーパレットですね。
ミクのカラーパレット

リンのカラーパレットバージョンもあります。
リンのカラーパレットバージョン

2つ並べてみる。いきなりこれだけを見たら一体何なのか分からないかも。色を見て即座にVOCALOIDを思い浮かべることが出来たら、すでにみっくみくにされている。
2種類同時に

サイズの比較。一般的な名刺サイズと比較。小ささが際立ちます。
名刺のサイズ比較1

名刺のサイズ比較2

表と裏を一緒に見てみる。
表と裏

ちなみに実際の名刺のカラーパレット部分は、上記写真よりももっと元のカラーパレットに近い(というかほとんど同じ)色がしっかり出ています。写真の色がおかしいのは私の撮影技量がどうしようもないせいです。

名刺の質感ですが、マット加工がされており、紙の質も硬めでペラペラ感が全くなく、安っぽさはほとんど感じられません。正直、自分の会社の名刺の方がよっぽど安っぽいから困る(実際安いが)。

なお、これらの名刺は以下のサイトから発注したとの事です。

日本初!mini名刺/pocketer(ポケッター)
pocketer

一般的な名刺サイズより小さいので、名刺以外の用途にも使えそう。価格もお手ごろです。

事の経緯

この名刺が出来るにあたって、実は最初に、ご丁寧にもカラーパレットの使用許可の問い合わせを名刺を送って頂いた方から受けました。もちろん快諾。許可を取る必要がないようなものだと思っていたので(色並べただけですし)、こういう連絡を頂くのは意外でした。

思いつきで書いた初音ミクのカラーパレットのエントリーが、まさかこういうことになるとは…。該当のエントリーを今読み返すと、後半の文章が推敲されておらずひどいことになっていますが、それでも勢いで書いてみるものですね。

こういう経験は今までなかったので、けっこう嬉しいものがあります。自分が思いもしない発想に出会うというのはおもしろい。

さて、なぜ名刺にVOCALOIDのカラーパレットなのか、ということですが、この名刺を作られた方がVOCALOIDのイベントに参加されるということで「これを使えたらおもしろいのでは?」という発想から始まっています。ちなみに参加するのは以下のイベントとのこと。

ヴォーカロイドONLYイベント VOC@LOID NIGHT
ヴォーカロイドONLYイベント VOC@LOID NIGHT

参加されるのは12月30日開催予定のvol.2だそうです。vol.1のときより随分規模が大きくなってますね。ちょうど「鏡音リン・レン」の発売直後のタイミングになるので、それも含めて盛り上がりそうです。私は参加できないのですが…。

初音ミクに関しては著作権問題が発生して大騒ぎになっていますが、その問題がイベントに影響しないといいですね。とはいえ、ここにきて落ち着いてきた感があるので杞憂かな。

長くなりましたが、名刺を作って送っていただいた方には感謝しています。終始対応も丁寧で気持ちよかったです。ありがとうございました。

イベントに行く方で、もしこのエントリーを読まれている方がいましたら、話の種にでもなれば幸いです。

▼スポンサードリンク

Posted at 2007年12月25日 | 記事URL | デザイン | Trackback(0) | Comment(0) | Top↑
1つ後の記事:Web2.0風のギザギザロゴを作るPhotoshopチュートリアル
1つ前の記事:フリーで使える高品質なアイコン色々














管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→http://smallwebmemo.blog113.fc2.com/tb.php/181-7abcb788
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home