自宅PCのマシンスペックを把握していない人の割合は3割

自宅PCのマシンスペック

自宅PCのスペック、約3割が「わからない」 (Japan.internet.com)

「自宅PCのスペック」に関する調査によると、自宅PC所有者のうち、PCのスペックを把握していない人が約3割にのぼることが分かった。

上記アンケート結果によると、自宅PCのHDDやメモリ容量、CPUの種類を把握していない人が3割程度いるとのこと。

3割を多いと見るか少ないと見るかは意見が分かれるでしょうが、個人的には3割という数字は少ない、というのが正直なところです。むしろ分かっている人が3割程度なのではないか、とすら思っています。

PC好きの人や仕事柄嫌でも詳しくないといけない人の場合、CPUやメモリの種類、HDD容量程度は把握していて当たり前と言っても過言ではありませんが、エンドユーザーあたりになると「メモリ?なにそれおいしいの?」レベルの人がけっこういます。知らないおかげで、低スペックマシンでもあまり文句を言わずに使ってくれるという、管理者側からすれば都合のいい場面もありますが…。

HDDやメモリ容量ならまだしも、CPUの種類あたりになると途端に答えられなくなる人が多そうな気がします。これ以上踏み込んだ質問になるともっと分かる人の割合は落ちそうです(CPUの周波数とかL2キャッシュ容量とかGPUの種類とかメモリの種類とか)。

詳しければ詳しいほど色々と便利なのは事実ですが(これはPCに限ったことではありませんが)、普通に使っている分には上記3項目(HDD/CPU/メモリ)を把握できていれば問題なく使えてしまうのがリアルな現状かもしれません。

▼スポンサードリンク

Posted at 2008年01月22日 | 記事URL | ニュース | Trackback(0) | Comment(0) | Top↑
1つ後の記事:配色を決めるのに役立つ便利なサイト10選
1つ前の記事:高品質なフリーアイコン配布サイト『IconsPedia』














管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→http://smallwebmemo.blog113.fc2.com/tb.php/198-3b83e45e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home