スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted at --年--月--日 | 記事URL | スポンサー広告 | Top↑

「Google AdSense」で支払いを受けるためにGoogleから送られてくる郵送物

Googleからのお知らせレター

Google AdSenseを去年の10月くらいから始めているのですが、今年の1月末にGoogleから以下のようなメールが来ました。

お客様各位

このたび、郵送にて個人識別番号 (PIN) をお送りいたしました。 2 週間から 4 週間以内にお手元に到着すると存じます。 PIN を受領されましたら、AdSense 支払いをお受け取りいただくために、PIN を入力していただく必要があります。 PIN を入力するには、PIN の郵送時に同封の手順に従ってください。

サイト運営者様には、元の発効日から 6 か月以内に PIN を入力していただくことになっておりますのでご注意ください。 4 か月以内に PIN の入力がない場合、お客様のウェブ ページに公共サービス広告 (英語) が表示されるようになります。 6 か月以内に PIN を入力いただけない場合、お客様のアカウントは無効になり、未払いの収益は、しかるべき広告主様に払い戻されます。

100ドルの利益が出るまでまだ当分先だろうと思い、銀行口座等の入力はしていなかったのですが、どうやらそのままではまずかったらしくメールが来てしまいました。

で、先週Googleから支払いを受けるためのPINコードが書かれた郵送物が届きました。どんなものか、以下写真付きで紹介。

◆表面
中央の塗りつぶし部分には住所や宛名が英語(ローマ字)で書かれていました。
表面

◆裏面
Googleのロゴが中央にでかでかとあります。
裏側

◆表面拡大その1
表面拡大その1

◆表面拡大その2
表面拡大その2

◆中身
英語かと思ったら普通に日本語でした。(※PINコードの部分だけ塗りつぶしています)
中身

とどいた郵送物ですが、サイズは約115mm×152mm。紙の固さは一般的な画用紙より少しやわらかいくらいで簡単に曲がります。届いたときには右下が少し折れ曲がっていました…。

封の仕方は、2つ折りした紙の左右と下をテープで止めてあるだけ。テープをとるとすぐに中身が見えます。日本国内からではなく海外から送られてきているようですが、こんな封の仕方で大丈夫なんだろうかと普通なら不安になります。実際、封を開けるときにテープが簡単に切れてしまったので、下手すると郵送中に中身が見えてしまう状態になっていたかもしれません。

これからGoogle AdSenseをやる予定の方は、このような郵送物を後々受け取ることになるので、家族と同居している場合などは捨てられないように注意。英語だらけなので、最悪の場合うさんくさいダイレクトメールだと勘違いされてしまうかも。とはいえ、Googleの知名度は今ではどの世代にもそれなりにあるはずなので、うさんくさいと思われる可能性は低いと思いますが…。

▼スポンサードリンク

Posted at 2008年02月12日 | 記事URL | 雑記 | Trackback(0) | Comment(0) | Top↑
1つ後の記事:あなたの生産性を向上させる25のFirefoxエクステンション
1つ前の記事:不具合が修正されたアンチスパイウェア『Spybot S&D』の最新版1.5.2がリリース














管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→http://smallwebmemo.blog113.fc2.com/tb.php/218-05a46571
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。