IE7の自動更新がスタートしたのでインストールとアンインストールを試す

Internet Explorer 7

2月13日より、IE7(Internet Explorer 7)の自動更新が開始されました。

すでに対策方法は出回っているので、実際にWindows Updateからインストールするとどうなるのか、アンインストールはどうなるのかを試してみました。

Windows Updateからのインストール

1.自動更新設定になっていないので、手動でWindows Updateを起動して更新内容一覧を表示させたところ。今月のパッチに加えて、IE7もあります。
Windows UpdateにIE7が追加

2.そのままパッチとIE7全てをダウンロードしてインストールをします。IE7のインストールが始まると、以下のようなウインドウが最初に表示されます。ここではインストールするので「インストールする」をクリック。
最初に表示されるウインドウ

3.ライセンス条項が出るので「同意する」をクリック。
IE7 ライセンス条項

4.IE7用の更新プログラムもセットでダウンロードしてインストールできるようです。チェックを入れたまま「次へ」
IE7用の更新プログラムも同時にインストール可能

5.まずは更新プログラム等のダウンロードが行われます。
最初に更新プログラムのダウンロード

6.次にインストールに自動的に進みます。
ダウンロード後、自動的にインストールに進む

7.インストールが終わるとウインドウは自動的に閉じ、Windows Updateが完了したときのウインドウが表示されるので再起動します。

IE7の初期設定

1.再起動後、アイコンがIE7のものに。(※アイコン自体は再起動前にIE7のものになります)
IE7のアイコンに変わる

2.IE7を起動します。最初にこのような画面が出ます。下側の「設定を選択する」をクリックします。
IE7インストール後の初回起動時に出る画面

3.ブラウザウインドウ右上の検索エンジンの設定。とりあえず面倒なのでデフォルトのままにして下の「設定を保存する」をクリック。
検索バーの検索エンジンを指定

4.これで最低限の初期設定は完了です。
初期設定完了

ちなみにこの設定を行わないと、起動時に毎回この画面が出てくるようです。

以前の手動インストールによるIE7と違うところ

今回の更新によるIE7のインストールで一番目に付いたのは、メニューバーがデフォルトで表示されている状態になっているところでしょうか。
メニューバー

以前の手動によるIE7のインストールでは、デフォルトでメニューバーが表示されておらず「Altキー」で一時的に表示させるか、メニューバー付近で右クリックして「メニューバー」にチェックを入れる必要がありました。
右クリックで設定変更

おそらくこの部分はユーザーからの声を反映した部分だと思われます。個人的にこの変更は歓迎です。

アンインストールをしてみる

さて、せっかくインストールしたIE7ですが、ちゃんとアンインストール出来るか試してみます。

1.コントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除」に『Windows Internet Explorer 7』があるので、ここから削除。
「アプリケーションの追加と削除」にIE7がある

2.削除ウィザードが起動しますので「次へ」
削除ウィザードが開始

3.現在の状況のチェックが始まります。
現在の構成の検査など

4.IE7用のパッチがインストールされていますが、無視して「はい」をクリック。
IE7用のパッチがあるが無視して「はい」

5.IE7の削除と(おそらく)IE6の復元が始まります。
IE7の削除と(おそらく)IE6の復元

6.処理が進みます。
処理中

7.ここまでくれば終了。「完了」をクリックして再起動します。
削除完了

再起動後は無事IE6に戻っており、問題なく使用できました。

ちなみに再度Windows UpdateをするとIE7が表示されます。ダウンロード済みになっているようで、ファイル自体はローカルに残るっぽいです。
削除後にWindows UpdateするとIE7が再度表示される

インストールもアンインストールも特に問題なくすることができ簡単でした。とはいえ、単なる削除だと上記のようにWindows Updateの項目に再表示されるので、また自動更新でインストールされる可能性があります。削除は根本的な問題解決にはならないかもしれないですね。最初のインストールの確認画面で「インストールしない」を選ぶか、ブロックツールや直接のレジストリ編集で永続的にブロックする必要がありそうです。

サポートを担当する人はしばらくの間は注意する必要がありそうですね。

過去の関連エントリー

▼スポンサードリンク

Posted at 2008年02月14日 | 記事URL | ソフトウェア | Trackback(0) | Comment(0) | Top↑
1つ後の記事:次世代DVD規格争いが終了 勝者はBlu-rayに
1つ前の記事:商用利用も可能なフリー写真素材サイト『Futta.NET』














管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→http://smallwebmemo.blog113.fc2.com/tb.php/221-6a2cf6b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home