スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted at --年--月--日 | 記事URL | スポンサー広告 | Top↑

次世代DVD規格争いが終了 勝者はBlu-rayに

次世代DVD規格争いが終了 勝者はBlu-rayに

HD DVD事業の終息について [東芝:プレスリリース (2008.2.19)]

『Blu-ray』対『HD DVD』の規格争いが終了。軍配はBlu-ray Disc陣営にあがりました。思ったよりも随分早かったですね…。

関連記事

東芝、HD DVD撤退報道について声明
関連記事で流れを大まかに追えます。

東芝、HD DVD事業から撤退。3月末で終息に
東芝によるBD搭載レコーダ/プレーヤーの開発/販売計画は現在のところ「なし」。今後はNANDフラッシュメモリや小型HDDなどに集中と選択をしていくとのこと。

東芝のHD DVD撤退検討を決定づけたのは誰か [大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」]
大きなシェアを持つハリウッド映画会社や中国市場について。

次世代光ディスクフォーマット戦争の軌跡【前編】なぜ2つの規格が生まれたのか [本田雅一のAV Trends]
2つのフォーマットの誕生から現在までの流れをおおまかに追える分かりやすい記事。

【緊急寄稿】東芝HD DVD撤退へ! ハリウッドは「IT」を選ばず「光ディスク」を選んだ [日経トレンディネット]

【緊急寄稿】HD DVD Xデーを経て現DVDからの次世代DVDへの移行が本格化する [日経トレンディネット]

HD DVD報道について考える [コデラノブログ 3]

最終的な決定打はハリウッドの映画会社の支持によるものが大きい感じで、プレイヤーやレコーダーの売り上げシェアではないような感じです。いや、実際Blu-rayの方がソフトもハードも売れてはいるのですが、そのへんは全くと言っていいほどHD DVDの敗北に関係ない情勢。なんだか政治的ですね。

「消費者不在」という観点については賛否両論。前述のように、実際のプレイヤーやタイトルの売り上げよりも、映画会社の支持によって勝敗が決まってしまっているという意味ではまさに消費者不在といってもいいかもしれません。

実際、自分の周囲で普通にDVDを買うなりレンタルするなりでよく見るような人の口から「次世代メディアはどっちが勝つんだろう」という疑問を聞いたことがありません。仮にこれが大多数の認識とするならば、まさに消費者不在、業界内の内輪揉めにすら見えます。

私はあまりDVDで映画やドラマなどを見る機会がないので、メディアというと記憶容量くらいにしか目がいかないのですが、そういう観点からすると、早く決着がついてメディアとハードが安くなってくれればいいな、くらいの認識。

すでにネット配信や低価格大容量HDD・フラッシュメモリに負けているなどと一部から言われてしまっている次世代DVDですが、よりよいものがより安く使えるようになるのはいいことで、ここは素直に歓迎したいところ。メディアで保存しておきたい、手元においておきたい、という需要は依然としてかなりあるでしょうし。現時点ではまだ高いので手が出ませんが。

過去の関連エントリー

Posted at 2008年02月20日 | 記事URL | ニュース | Trackback(0) | Comment(0) | Top↑
1つ後の記事:指定した色に合うカラーパレットを生成してくるオンラインサービス『Color Match』
1つ前の記事:IE7の自動更新がスタートしたのでインストールとアンインストールを試す














管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→http://smallwebmemo.blog113.fc2.com/tb.php/222-552157f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。