スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted at --年--月--日 | 記事URL | スポンサー広告 | Top↑

暗闇の中にあるロゴを引き立てる美しい光を描くPhotoshopチュートリアル

A Cool Lighting Effect

A Cool Lighting Effect In Photoshop [PSDTuts]

上の画像のようなエフェクトが出来るPhotoshopチュートリアルです。

以下手順。使用したPhotoshopのバージョンはCS2。

詳しい手順

1.新規作成でサイズは任意。今回は500x400サイズで行います。

2.背景をレイヤーに変えます。背景を右クリックして、「背景からレイヤーへ」
背景をレイヤーに

3.レイヤー名は「background」としておきます。
レイヤー名は「background」

4.普通のレイヤーになったら右クリックして「レイヤー効果」を選択。

5.「グラデーションオーバーレイ」にチェックを入れ、以下のように設定します。グラデーションのカラーは両端がそれぞれ「#000000」と「#9dc5c7」になっています。
「グラデーションオーバーレイ」を設定

6.適用するとこのようになります。
適用後

7.新規レイヤーを追加します。レイヤー名は「clouds」としておきます。

8.カラーピッカーの色をそれぞれ白と黒に設定します。前面と背面は逆でもOK。
カラーピッカーの色をそれぞれ白と黒に設定

9.「clouds」レイヤーが選択されている状態で、「フィルタ」→「描画」→「雲模様1」を選択します。フィルタがかかり、背景は見えなくなります。
雲模様のフィルタを使用

10.「clouds」を乗算にし、不透明度を60%前後に変更します。
乗算にし、不透明度を60%前後に変更

11.「clouds」レイヤーを右クリックして「レイヤーの複製」を選択します。レイヤー名は「radial blur」としておきます。
ぼかしエフェクト用のレイヤー

12.「radial blur」が選択されている状態で、「フィルタ」→「ぼかし」→「ぼかし(放射状)」を選択します。
「ぼかし(放射状)」を選択

13.以下のように設定します。
量:100% 方法:ズーム 画質:高い
「ぼかし(放射状)」の設定

14.「background」レイヤーを右クリックして「レイヤーを複製」でコピーし、このレイヤーを一番上に移動させます。
この位置にレイヤーを複製して移動

15.移動後、「background」レイヤーを右クリックして「レイヤー効果」を選択し、以下のように設定します。
塗りの不透明度を0に

覆い焼きカラーに

ここまでの設定でこのような感じになります。
ここまででこんな感じに

次にロゴを追加します。適当な画像を取り込んでもいいのですが、ここではPhotoshopのカスタムシェイプを使って、ハート型のシェイプをロゴ代わりとして使います。(元のチュートリアルではハートのほかに葉もありますが、ここでは省略)

16.カスタムシェイプツールを選択し、上部にあるシェイプからハート型を選択します。
カスタムシェイプツールを選択

ハート型を選択

17.適当なサイズで描きます。色は黒を使用します。「shift」キーを押しながらドラッグすると、縦横比率を変えることなく拡大縮小できます。
うしろの光が隠れるような感じで

18.シェイプのレイヤーが自動で追加されるのでそれを右クリックして「レイヤー効果」を選択。「ベベルとエンボス」にチェックをつけ、以下のように設定します。深さやサイズの数値はこれより若干違ってもOK。適当だと思われる数値にします。
「ベベルとエンボス」を設定

19.レイヤーパレットに新規フォルダを追加します。フォルダの追加は、レイヤーパレット一番下のフォルダマークをクリックすれば出来ます。フォルダ名は「lights」としておきます。フォルダの位置は、ハートのシェイプより下にします。
レイヤーパレットに新規フォルダを追加

フォルダ名は「lights」

20.楕円形ツールで円を描きます。色は白を使用します。レイヤーは「lights」フォルダ内に入るようにします。
楕円形ツールを選択

こんな感じで。
ハートの左上あたり

21.ペンツールで光の線を大雑把に描きます。ペンの種類はシェイプレイヤーにしておきます。なお、線ごとにレイヤーを新規に追加して、線ごとにレイヤーが分かれるようにしてください(線の数だけレイヤーを作ることになる)。円の時と同じく、レイヤーは「lights」フォルダ内に入るようにします。
ペンの種類はシェイプレイヤー

こんな感じ。
大雑把な線を描く

22.円と線が描けたら、これら全てをラスタライズします。
フィルタをかけるためにレイヤーをラスタライズ

23.ラスタライズしたら、「フィルタ」→「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」でこれらレイヤーの1つ1つをぼかします。ぼかす値はレイヤーごとに異なりますので、適切だと思われる値を設定します。今回の過程では以下のように設定しました。
ぼかし(ガウス)を各線にかける

24.ぼかし処理をしたら、「lights」フォルダを「覆い焼きカラー」に変更します(「lights」フォルダ内に手順20と21で作ったレイヤーが入っているか確認してからやってください)。
「lights」フォルダを「覆い焼きカラー」に変更

こんな感じに変化します。
線が変わります

25.シェイプをいくつかコピーして移動させ、光の具合を調節します。元のチュートリアルでは下の2つの光をコピーして移動させる、とありますが、これを忠実にやってもうまくいかない場合が多いようなのでこのへんは自分である程度調整する必要があるようです。

26.ハートの左上に楕円形ツールで小さな円を描き、「フィルタ」→「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」でぼかします。ぼかす値は反射光を表現できる程度に。
ハートの左上に楕円形ツールで小さな円を描いてぼかす

27.最後に文字を入れてそれっぽくすれば完成。
A Cool Lighting Effect

ちなみに上の画像の文字は『Myriad Pro』というフォントを使用しています。『Myriad Pro』の入手方法に関しては、過去のエントリー「Apple製品に使われているフォントの種類とそのフォントの入手方法」をご覧ください。

その他のPhotoshopチュートリアル

▼スポンサードリンク

Posted at 2008年02月26日 | 記事URL | Photoshop | Trackback(0) | Comment(0) | Top↑
1つ後の記事:汚れた質感を描ける高解像度のPhotoshopブラシ
1つ前の記事:普段あまりお目にかかることのないWebサイト制作の相場早見表と自分の周囲の現状














管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→http://smallwebmemo.blog113.fc2.com/tb.php/225-75db2a50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。