スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted at --年--月--日 | 記事URL | スポンサー広告 | Top↑

ブロックレベル要素の高さを揃えるJavaScript『heightLine.js』

ブロックレベル要素の高さを揃えるheightLine.js[to-R]

今までCSSで無理やり一番高くなりそうなブロック要素にあわせて高さを設定したり、あるいはtableに逃げるという手段をとってきましたが、前者は一部のブロックだけコンテンツが長かったりフォントサイズの表示を変えられたりすると意味がなく、後者はこちらの意図したデザインにならないという欠点がありました。単に私のスキル不足な面も否めませんが…。

こういうJavaScriptは、効果そのものは地味ながらも見栄えをよくしてこちらの意図したとおりの表示に近づけてくれるので非常に重宝しそうですね。

Posted at 2007年07月27日 | 記事URL | JavaScript | Trackback(0) | Comment(0) | Top↑
1つ後の記事:デザインする際に参考になるサイト『FAVEUP』
1つ前の記事:リアルタイムで編集できるオンラインCSSメーカー『CSSEZ』














管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→http://smallwebmemo.blog113.fc2.com/tb.php/23-0f2eb318
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。