カラフルなバーの背景画像を簡単に作るPhotoshopチュートリアル

Quickly Build an Abstract Background of Colored Bars

Quickly Build an Abstract Background of Colored Bars [PSDTuts]

カラフルなバーの背景画像を簡単に作成できるPhotoshopのチュートリアルが紹介されています。試してみたところかなり簡単に作成することが出来ました。

以下、備忘録を兼ねた詳細手順。使用したPhotoshopのバージョンはCS2。

1.以下のような感じで新規作成します。サイズはこれよりも大きい方がやりやすいです。
新規作成

2.カラーピッカーの色を黒と白にし、「フィルタ」→「描画」→「雲模様1」を選択。背景レイヤーに雲模様が描かれます。
カラーピッカーの設定と使用するフィルタ

3.次に「フィルタ」→「ピクセレート」→「メゾティント」を選択し、「長いストローク」を選択。ノイズだらけの画面のようなものになります。
「フィルタ」→「ピクセレート」→「メゾティント」を選択し、「長いストローク」を選択

4.次に「フィルタ」→「ぼかし」→「ぼかし(移動)」を選択し、角度を「90」、距離を「999」pixelにします。
「フィルタ」→「ぼかし」→「ぼかし(移動)」

5.背景の上に新規レイヤーを作成し、グラデーションツールを選択します。グラデーションは「スペクトル」または「透明(虹)」を選択し、左から右に(逆でも可)水平にグラデーションをかけます。
使用するグラデーション
※↑左が「スペクトル」、右が「透明(虹)」

6.グラデーションをかけたら描画モードを「オーバーレイ」に変更。
描画モードをオーバーレイに

7.「Ctrl + M」でトーンカーブを表示させ、適当に調整します。ここまでで以下のような感じになります。
ここまででこんな感じ

ここまでで背景部分は実質完成。以下からはチュートリアルにある加工部分です。

8.新規レイヤーを作成します。楕円形選択ツールを選び、ぼかしを30pxにします。
楕円形選択ツールを選び、ぼかしを30pxに

9.以下のような感じで、四隅が空くように範囲選択します。
四隅が空くように範囲選択

10.この状態で「Ctrl + shift + I」を押して選択範囲を逆にし、黒で塗りつぶします。この後、レイヤーの不透明度を75%にします。以下のような感じになります。
四隅がうっすらと黒く塗られる

11.新規レイヤーを作成し、長方形選択ツールを使用して真ん中あたりを範囲選択し、その部分を白で塗りつぶします。塗りつぶしたらレイヤーの不透明度を50%にします。
中央の白いバーの作成手順

12.上記で作成した白のバーの部分がまだ範囲選択されていると思いますので(範囲選択を解除した場合は「自動選択ツール」で範囲選択します)、選択状態のまま背景レイヤーをクリックしてアクティブにし、「Ctrl + C」でコピーし、「Ctrl + V」でペーストします。そうすると背景レイヤーの一部分がコピーでき、このようなレイヤー構造になります。
この段階でのレイヤー構造

13.「フィルタ」→「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」を選択し、ぼかしの半径を3.2pixelにします。
ぼかしの設定

14.最後に一番上のレイヤー(レイヤー3)を複製し、複製後「Ctrl + T」で自由変形し、上下を少し短くします。高さを90%前後にするとちょうど上下が少し短くなります。
高さを90%前後にしてみる

15.最後に適当に文字を入れれば完成です。
完成

▼スポンサードリンク

Posted at 2008年04月02日 | 記事URL | Photoshop | Trackback(0) | Comment(0) | Top↑
1つ後の記事:高品質なフリーのアイコンを紹介・配布している『Free Icons Download』
1つ前の記事:美しい蝶を描けるPhotoshopブラシ














管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→http://smallwebmemo.blog113.fc2.com/tb.php/243-6dfa4f26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home