スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted at --年--月--日 | 記事URL | スポンサー広告 | Top↑

Windows XP SP3が4/29からダウンロード開始予定

「Windows XP SP3」がRTMリリース、アップグレードは短時間で簡単に [CNET Japan]

Microsoftは米国時間4月21日、Windows XP Service Pack 3(SP3)の最終的なコードをRTM版(Release to Manufacturing:製造工程向けリリース)としてリリースした。今回のアップグレードでは、「WPA2」や、Windows Vistaで用いられている「Peer Name Resolution Protocol」(PNRP)のサポート、その他の機能が提供されている。一般ユーザー向けのバージョンは、29日にウェブからダウンロード可能となる予定だ。

Windows XPの次なるサービスパックとなるSP3がいよいよリリースされます。

Windows Updateでは4/29から、自動更新によるインストールではもう少し後(夏ごろ)になるようです。

XP SP3は、XP SP2の時のような大きな機能拡張は行われないものの、全体的なパフォーマンスが改善されているそうで、SP2に比べて10%程度高速化がされている、というのが事前の評判です。

以前に「WindowsXP SP3はXP SP2より速く、Vista SP1よりも格段に高速?」というエントリーを書いたのですが、XP SP3は、つい最近リリースされて話題になったWindows Vista SP1よりも高速らしいので、これが事実だとすれば、SP1で若干盛り返した感のあるVistaは再びよろしくない立場に追い込まれそうです。

XP SP2のときは、新機能が多くて不具合が多い上に重いと言われてアップデートするのが長い間避けられている時期がありましたが、SP3はそのときとは対照的で随分好意的に受け止められているのが印象的です。それだけXPがOSとして成熟したということでもあるのでしょう。

あとはCPUやメモリなどの性能アップや価格下落、Vistaに比べてハード要件が低い、対応周辺機器が多い、というハード的な部分も理由でしょう。メモリ4GB積んでも1万円いかないですし(DDR2に限りますが)、デュアルコアCPUも廉価モデルならこれも1万円以下で買えますからね。Celeron + メモリ1GBという安値構成でも割とサクサク動くというのはやはり大きいです。

XP SP3が出たらどうなるVista…。

# 以下 2008/4/30 23:13 追記

4月29日(日本だと30日?)にリリース予定だったSP3は延期されました。
Windows XP SP3がリリース延期に

一応、SP3のRC版はダウンロードできるようですが、正式版の一歩前くらいのものなので試したい人でない限りはおすすめできません。

▼スポンサードリンク

Posted at 2008年04月23日 | 記事URL | ニュース | Trackback(0) | Comment(0) | Top↑
1つ後の記事:CSSデザインサイトを紹介しているサイトへのリンク集『GALLERY GALLERY』
1つ前の記事:フリーで使えるベクターグラフィック素材を提供している『vector4free.com』














管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→http://smallwebmemo.blog113.fc2.com/tb.php/255-b4007ad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。