Windows XP SP3が配布開始 インストールして試す

Microsoft、Windows XP SP3をWindows Updateで配布開始 [PC Watch]
Windows XP Service Pack 3 のリリースノート [Microsoft]

米Microsoftは7日(日本時間)、Windows XP Service Pack 3(KB936929、以下SP3)をWindows Updateで配布開始した。

SP3は、SP2以降にリリースされたセキュリティアップデートやホットフィックスなどを含んだサービスパックの第3弾。性能や安定性、セキュリティなどを向上させるほか、機能面では新たにブラックホールルーターの発見やNAP(Network Access Protection)などが追加される。

配布が延期されていたWindows XP SP3ですが、5月6日(日本では実質5月7日)から配布が始まりました。

さっそくサブマシンのノートPCにインストールして試してみました。以下詳細です。簡単なベンチマーク比較もあり。

ダウンロードからインストールまで

Windows Updateにアクセスしてカスタムを選んだ場合に表示された画面。「今すぐダウンロードしてインストールする」をクリック。
Windows XP SP3

ライセンス条項が表示されるので「同意します」をクリック。
ライセンス条項

ダウンロードが始まるのでこのまましばらく待ちます。
ダウンロード開始

ダウンロードが終わるとインストールウィザードが起動します。「次へ」
インストールウィザード

あとはインストールが終わるまでそのまま放置します。終わると普段のWindows Updateと同じように再起動を促されるので再起動します。
しばらく放置

再起動後のシステムのプロパティ。ちゃんとService Pack 3になっています。
システムのプロパティ

かかった時間ですが、ダウンロード時間はアクセス過多のせいなのか30分近くかかりましたが、インストールは20分程度で終わりました。配布開始直後だったためダウンロードは時間がかかりましたが、もう少し経てばもっと早く終わると思われます。

機能そのものはぱっと見る限りでは変化がわかりません。SP2のときとは違い、とまどうことはまずなさそうです。

簡単なベンチマーク比較

CrystalMark 2004R3」を使用して、SP2のときとSP3にしてからのベンチマークをそれぞれ行いました。以下は結果です。

ちなみにおおまかなマシンスペックは、
・CPU:Celeron M 1.5GHz
・メモリ:1GB
・グラフィック:オンボード
という感じ。サブマシン(ノートPC)なのでスペックは低いです。

▼XP SP2のベンチマーク結果
SP2のベンチマーク結果

▼XP SP3のベンチマーク結果
SP3のベンチマーク結果

結果はご覧のとおり、ほとんどの項目で誤差の範囲で、ほとんど違いがありませんが、OGLの項目だけ異様に数値が落ちているのが目に付きます。グラフィックの部分だと思われるので実際の使用では全くと言っていいほど支障はありませんが、なぜこの項目だけ落ちたのかは謎です。

SP3はパフォーマンスアップすると言われていましたが、ベンチマークを見る限りではほとんど差はないようです。体感レベルにおいても、すぐに性能向上を感じられないかもしれません。とはいえ、ベンチマークと体感は実際の使用においては別物な感が強いですが。

SP3インストール時の注意

SP3をインストールすると、IE7が入っている場合、IE7がアンインストール出来なくなります。

XP SP3インストールでIE 7が削除不可能に、MSが注意 [ITmedia News]

Windows XP Service Pack(SP)3をインストールするとInternet Explorer(IE)7をアンインストールできなくなる場合があるとして、米Microsoftが注意を促している。

IE 6ユーザーはSP3をインストールしても問題ないが、IE 7および8のユーザーは注意が必要だと同社のIEチームは述べている。

ちなみにIE8ベータでもIE7と同様の現象が起こるようです。

実際にコントロールパネルではどうなるのかというと以下のようになります。
IE7は削除できない

通常なら「変更と削除」ボタンがあって削除できるのですが、この場合どうしようもありません。

IE7・IE8をアンインストールする場合は、一度SP3をアンインストールしないと削除できないようです。セキュリティの面からこうなったとはいえ若干面倒です。

Web制作者の観点からすると、むしろIE7に固定していただきたいわけですが、まだまだそうもいかないでしょうからこの手順は覚えておいた方がよいでしょう。

SP3のスタンドアローン版は?

なお、今回はWindows Updateからのインストールでしたが、スタンドアローン版もあります。以下のリンク先からスタンドアローン版のWindows XP SP3がダウンロードできます。

IT プロフェッショナルおよび開発者用 Windows XP Service Pack 3 ネットワーク インストール パッケージ

容量は約325MBと大きいですが(WUからだと約69MB)、人によってはこっちのほうが都合がよいという人もいるでしょう。ただし、「コンピュータを1台だけ更新する場合は、[ダウンロード] をクリックしないでください。」とあるので、一応この点は注意しておく必要があるでしょう。

ISOイメージファイル

ISOイメージファイルも準備されているようです。下記リンク先からダウンロードできます。容量は約390MB。

Windows XP Service Pack 3 - ISO-9660 CD イメージ ファイル

スタンドアローン版と同様、「コンピュータを1台だけ更新する場合は、[ダウンロード] をクリックしないでください。」とありますので注意。

過去の関連エントリー

▼スポンサードリンク

Posted at 2008年05月08日 | 記事URL | ソフトウェア | Trackback(0) | Comment(0) | Top↑
1つ後の記事:クオリティの高いPhotoshopブラシ収集サイト『Qbrushes.com』
1つ前の記事:MicrosoftがWindows XP向けにメイリオフォントを公開、使用可能に














管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→http://smallwebmemo.blog113.fc2.com/tb.php/265-548ae3b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home