スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted at --年--月--日 | 記事URL | スポンサー広告 | Top↑

Sleipnir用のスクリプト『AutoPagerize』が便利すぎる

Sleipnirのスクリプトにこんな便利なものがあったとは…。便利すぎるので今さらっぽいですが紹介。

通常、GoogleやYahooなどの検索エンジンの結果画面で次のページへ移動するためには、「次へ」や次のページを示す数字をクリックしないといけませんが、Sleipnirのスクリプト『AutoPagerize』を有効にすることで、その部分をクリックしなくてもページ下部まで移動することで自動的に次のページを読み込み、その下に付け足してくれます。

文章だとなんだかよく分からないと思いますので、以下でいくつかのサイトのスクリーンショットと共に『AutoPagerize』がどのような動作をするのかご紹介。インストール手順も紹介します。

実際の動作

以下はGoogleで「blog」というキーワードで検索した例ですが、通常は検索結果のページ最下部は以下のようになっており、次のページに進むには数字か「次へ」をクリックする必要があります。
Google(AutoPagerize無効)

しかし、AutoPagerizeを有効にしていると、画面の下部あたりまでスクロールしたときに2ページ目を自動的に読み込み、以下のようにページを書き換えてくれます。
Google(AutoPagerize有効)

3ページ目以降についても同様で、そのページの下部までスクロールしていくと自動的に次のページを読み込みます。なお、いきなり数十ページ先まで読み込むことはないので、重くなることはありません。

AutoPagerizeが機能するページでは、ページ表示部分の右上にこのように数字が表示されます。
AutoPagerizeが利用できる場合

数字にカーソルをもっていくとこのように表示されます。jQueryが部分的に使われているようです。
ロールオーバー時

この数字は何ページ目までを読み込んでいるかを表示しているようで、2ページ目の読み込みが完了すると数値が2になります。次に読み込むページがなくなったらこの数字は自動的に消えます。例えば、検索結果が3ページまでしかない場合、3ページ目まで読み込みが終わると消える、という具合です。

このAutoPagerizeは検索エンジン以外にも様々なサイトで機能します。以下でGoogle以外ではどのようにページを自動的に書き換えてくれたか紹介します。

◆ヤフオク(AutoPagerize無効)
ヤフオク(AutoPagerize無効)

◆ヤフオク(AutoPagerize有効)
ヤフオク(AutoPagerize有効)


◆Amazon(AutoPagerize無効)
Amazon(AutoPagerize無効)

◆Amazon(AutoPagerize有効)
Amazon(AutoPagerize有効)


◆ITmedia +D PC USER(AutoPagerize無効)
ITmedia +D PC USER(AutoPagerize無効)

◆ITmedia +D PC USER(AutoPagerize有効)
ITmedia +D PC USER(AutoPagerize有効)
※スクリーンショット中のITmedia +D PC USERの記事はこちら


◆はてなブックマーク - 人気エントリー(AutoPagerize無効)
はてブ 人気エントリー(AutoPagerize無効)

◆はてなブックマーク - 人気エントリー(AutoPagerize有効)
はてブ 人気エントリー(AutoPagerize有効)
はてなブックマーク - 人気エントリー


上記で紹介したものはごく一部です。他にも対応しているサイトは多数あります。逆に対応しているけどうまく動作しないページもあったりしますので注意。ニュースサイトで1つのニュース記事をページ分割しているところでこれが機能してくれると、ストレスなくスムーズに見ることが出来ます。

インストール手順

ここからはインストール手順です。必要なものは以下4つ。

  • Sleipnir本体(バージョンは2.5.14以上である必要あり)
  • SeaHorse(Sleipnir用プラグイン)
  • UserAction Extension(Sleipnir用プラグイン)
  • AutoPagerize for SeaHorse

1.Sleipnir用のスクリプトなので当然Sleipnirが必要です。Sleipnir本体はこのページからダウンロード出来ます。本体のインストール手順は省略します。すでに使用している方は当然この手順は不要。

2.Sleipnirを起動し、Sleipnir用プラグインの『SeaHorse』と『UserAction Extension』をSleipnirにインストールします。

※Sleipnirでダウンロードボタンをクリックすると以下のように注意が出ますが問題ありませんので「インストール」をクリックします。また、プラグインはインストールするたびにSleipnirの再起動を要求されますが、一通りインストールした後で問題ないのでここでは「後で」で再起動は後回しにします。
インストールをクリック

後で

3.Sleipnir Unofficial Extensions Centerから、『AutoPagerize for SeaHorse』をダウンロードします。zipファイルなので解凍します。解凍したらその中の「plugins」フォルダをSleipnirがインストールされているフォルダに上書きします。

4.ここまで出来たらSleipnirを再起動します。起動させたら「F12」を押してSleipnirオプションを起動します。拡張機能にSeaHorseがあって、その一覧に『AutoPagerize for SeaHorse』があればインストールがしっかり出来ています。
Sleipnirオプション

なお『AutoPagerize for SeaHorse』以外に2つスクリプトが追加されていますが、これはGoogleとLive Searchで検索したときに、検索キーワードをハイライトしてくれるものです。便利なのでそのままでいいと思いますが、気に入らないなら無効なり削除なりすればOKです。

『AutoPagerize』は最初はFirefox用として登場したようですが、後にSleipnir向けにも登場したようです(開発者はたぶんそれぞれ別の人)。Sleipnirユーザーで導入がまだな方はお試しあれ。ネットにかける時間が多い人ほど重宝するはず。

▼スポンサードリンク

Posted at 2008年06月02日 | 記事URL | ソフトウェア | Trackback(0) | Comment(0) | Top↑
1つ後の記事:次期WindowsであるWindows7のスクリーンショットいろいろ
1つ前の記事:次世代Photoshop(CS4?)はGPUや物理演算に対応する














管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→http://smallwebmemo.blog113.fc2.com/tb.php/277-b411e67f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。