映画のタイトルロゴのような光と文字を描画するPhotoshopチュートリアル

映画のタイトルロゴのような光と文字を描画するPhotoshopチュートリアル

PSDTuts » Advanced Glow Effects
(情報元:映画のタイトルロゴのような非常に美しい光と文字を描画するPhotoShopチュートリアル:phpspot開発日誌

非常に美しい光と文字を描画するPhotoshopチュートリアルが紹介されています。例によってチュートリアルが英語なのですが、作ってみたかったので必死こいてやってみました。

以下画像付き手順。参考になれば。なお、使用したPhotoshopのバージョンはCS2です。

1.新規作成で、サイズを500x500にします(サイズは任意)。

2.前面の色を#922f00、背面の色を#000000に設定します(下画像参照)。
色の設定

3.グラデーションツールを選択。円形グラデーションを選択し、左上のグラデーションタイプを指定します(下画像参照)。
グラデーションの設定

4.中心から画面の外に向かってグラデーションをかけます。
グラデーションのかけ方

5.背景レイヤーをコピーし、コピーしたレイヤーを「覆い焼きカラー」に設定します。
コピーしたレイヤーに「覆い焼きカラー」を設定

6.新規にレイヤーを追加します。2つの背景レイヤーよりも上にします。

7.カラーの設定を、#ffffff(白)と#000000(黒)にします。どちらが前面でも背面でもかまいません。 色を設定したら、手順6で新規に追加したレイヤーに、「フィルタ」→「描画」→「雲模様」で描画します。 描画したら、「オーバーレイ」「不透明度30%」にします。
雲模様

レイヤーにこのように設定

8.「フィルタ」→「スケッチ」→「クロム」を選択します。ディテールは4、滑らかさは7に設定(要は初期設定)し、OK。

9.ペンツールを選択します。「パス」に変更しておきます(下画像参照)。
「パス」に設定

10.新規レイヤーを作成し、ペンツールで下画像のようにパスを描きます。 使ったことがない人はちょっと難しく感じるかもしれませんが、上→左真ん中→下の順番で3点ほど指定して S字のようになるように動かせば出来ると思います。
こんな感じでパスを描く

11.パスが描けたら、ブラシツールを選択します。下の画像のようにブラシを設定します。 カラーはとりあえず #f0ce93 を指定しておきます(前面)。
ブラシの設定

12.再びペンツールを選択します。選択したら、右クリック→「パスの境界線を描く」を選択します。
右クリックして「パスの境界線を描く」

13.ウインドウが開くので、ブラシを選択します。
ブラシを選択

14.Deleteキーを2~3回押してパスを消します。そうすると、下の画像のようになります。
パスを消すとこうなる

15.パスを消して曲線を描いたレイヤーを右クリック→「レイヤー効果」を選択します。 ドロップシャドウ・光彩(外側)・カラーオーバーレイをそれぞれ下の画像のように設定します。
レイヤースタイル設定:ドロップシャドウ

レイヤースタイル設定:光彩(外側)

レイヤースタイル設定:カラーオーバーレイ

16.ここまでの手順でこんな感じに。
レイヤースタイルを適用後

17.さらに曲線を追加したい場合、新規レイヤーを追加し、手順12~14を行います。 あとは手順15で作ったレイヤースタイルを同じように適用すればいいのですが、 レイヤースタイルは普通のレイヤーと同じくコピーが可能です。 すでにレイヤースタイルが適用されているレイヤーを右クリック→レイヤースタイルをコピー→ レイヤースタイルがまだ適用されていないレイヤーを選択して右クリック→レイヤースタイルをペーストで楽に同じスタイルを適用できます。 そんな感じで適当に曲線を追加すると下の画像のようになります。
曲線を追加

18.新規レイヤーを作成し、文字を入力します。ここでは「Advanced」「Glow」「effects」を それぞれバラバラにレイヤー分けをして入力します。24pt、72pt、18ptとし、 フォントタイプは「Sylfaen」を用いました(たぶんWindowsに標準で入っていると思います)。 文字のカラーは#f0ce93。

入力できたら、これらのレイヤーに全て手順15で作成したレイヤースタイルを適用します。
文字を追加

19.新規レイヤーを追加し、粒子状の細かい粒を描きます。粒を描くにはブラシを利用しますので、 ブラシツールを選択し丸粒を描くブラシを選択します(下画像参照)。カラーは#f0ce93。 プチプチと適当に打ったら、このレイヤーに手順15で作成したレイヤースタイルをコピーペーストします。
使用するブラシ

ブラシにレイヤースタイルを適用

20.ここまで出来ればほぼ完成。あとは最後の仕上げになります。 新規レイヤーを作成し、カラーの設定を前面を青っぽい色に、背面を白にします。

21.グラデーションツールを選択し、グラデーションパターンは一番左上を選択します。 手順20で追加したレイヤーに、左上から右下へ向けてグラデーションをかけます。
塗りつぶした感じに

22.このレイヤーに「カラー」、不透明度30%を設定します。
レイヤー設定を変更

23.さらに新規レイヤーを追加し、今度はカラー設定を紫っぽい色を前面に、背面は白のままにして グラデーションツールを選択し、グラデーションパターンは一番上の左から2番目(カラーあり→透過)を選択します。 今度は右下から左上に向けてグラデーションをかけます。 かけたらそのレイヤーに「カラー」、不透明度50%前後を設定します。

24.さらに黄色や青っぽい色のレイヤーを手順23のように作成し調整することで、最終的に以下のようになります。
最終的なレイヤー構造(一部)

完成

普段ペンツールを使わないのでその部分が少し手こずりましたが、その部分に慣れている人はわりとすんなり出来るかもしれません。

▼特定の色を主体にしてみたバージョン。若干やっつけ、使いまわしアリ。
ブルーメインバージョン

グリーンメインバージョン

青はともかく緑メインは微妙…。

▼スポンサードリンク

Posted at 2007年09月19日 | 記事URL | Photoshop | Trackback(0) | Comment(5) | Top↑
1つ後の記事:フォント関連記事2件 商用利用しやすい日本語フォントとフリーの欧文フォント
1つ前の記事:著作権フリーの写真素材を配布している『へもぽと』
Non Title
すばらしいです!
英語版のチュートリアルは沢山あって真似したいなと思ってみても、英語が苦手でいつも苦戦しておりました・・・!
日本語で、かつこんなにわかりやすく説明していただけるなんてほんとうに有難いです!!
非常に勉強になります。これからも参考にさせていただきたいと思いますのでよろしくお願いします^^ ☆

【2007/12/16 23:03】 URL | miyagon[ 編集] | page top↑
ありがとうございます
参考になったようで幸いです。

英語は私もさっぱりダメなので、オンライン辞書を使いまくりながらの作業ですね。完璧な翻訳は無理なので、けっこう適当な部分もあったりしますが、出来ればOKということでw
【2007/12/17 01:11】 URL | 管理人[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/12/17 18:25】 | [ 編集] | page top↑
>コメント頂いた方
つたない内容ですが、参考になったようで幸いです。
【2007/12/19 02:13】 URL | 管理人[ 編集] | page top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/08/30 11:07】 | [ 編集] | page top↑














管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→http://smallwebmemo.blog113.fc2.com/tb.php/76-b1dab9ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home