スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted at --年--月--日 | 記事URL | スポンサー広告 | Top↑

Webページで未使用になっているCSSセレクタを表示してくれる『CSS Redundancy Checker』

CSS Redundancy Checker

CSS Redundancy Checker
(情報元:使っていないCSSをWEBから簡単チェック「CSS Redundancy Checker」:phpspot開発日誌

Web上にあるCSSのURIとそれが使われているWebページのURIを指定することで、CSSで使われていないセレクタを表示してくれるサービスです。残念ながら、ローカルのファイルには対応していません。

このブログでも試してみましたが、いくつか使っていないセレクタが表示されました。ほとんどが追加プラグイン用の記述っぽかったので、削除はしませんでしたが。

ブログなどをはじめとした、自分以外の人が記述したCSSをチェックしたり、カスタマイズしすぎてワケが分からなくなってしまったCSSをチェックする際に力を発揮してくれそうです。

Posted at 2007年09月29日 | 記事URL | Webサービス | Trackback(0) | Comment(0) | Top↑
1つ後の記事:入力された単語の訳をリアルタイムで表示する『訳GO.com』
1つ前の記事:リンク先や拡張子ごとにリンクのアイコンを変更するCSSの書き方サンプル














管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→http://smallwebmemo.blog113.fc2.com/tb.php/83-84a9076f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。