スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted at --年--月--日 | 記事URL | スポンサー広告 | Top↑

ニコニコ動画のファイルをローカルにキャッシュし、以後スムーズな再生を実現する『NicoCache』

NicoCache

ASR's Room NicoCache
(情報元:一度見たニコニコ動画を以後スムーズに再生できるようになるNicoCache :教えて君.net

NicoCacheは、SMILEVIDEOとアメーバビジョンの動画ファイルのみをブラウザのキャッシュとは別にHDDの空きが許す限りキャッシュするローカルプロキシです。一度見た動画であれば、二度目以降は瞬時に読み込みが完了します。マイリストに登録して何度も見るような動画をキャッシュしておくと便利です。

動画を最後まで読み込んだ時点でHDDに保存されているので、気に入った動画を保存しておこうと思った時に改めてダウンロードする必要がありません。

エコノミーモードになる動画でも、通常モードのキャッシュがあれば通常モードの画質で見ることができます。

通常、動画データはブラウザのキャッシュに一時的に保存されますが、既定容量を超えると、不要なキャッシュは自動的に削除されるようになっています。

NicoCacheはブラウザのキャッシュとは独立してキャッシュするので、勝手にキャッシュが消えることがないのが利点です。また、動画データのキャッシュが完了した段階で、自動的にそのキャッシュをflvファイルに変換してくれるので、そのままローカルで見ることも出来ます。

実際に試してみましたが、キャッシュがあればスムーズに再生されました。ヘビーユーザーにはかなり重宝すると思います。

以下は簡単なインストールと設定手順です。

インストールから起動するまで

1.Java Runtime Environment がインストールされていない人は、 Java.comからインストールをします。 ActiveXのダウンロードによるインストールですので、あらかじめ許可をしておきます。 インストールは簡単ですので、細かい手順は省略します。
Javaのダウンロード

ダウンロードを開始をクリック

2.作者のサイトから NicoCacheをダウンロードして解凍し、適当な場所に保存します。ディスク容量に余裕のあるところが無難でしょう。

3.スタート→コントロールパネル→インターネットオプションを起動

4.「接続」タブをクリックし、「LANの設定」をクリック
LANの設定

5.「LANにプロキシサーバーを使用する」のボックスにチェックを入れ、 アドレスに「localhost」、ポートに「8080」と入力して、OK。
プロキシサーバーを使用する

6.フォルダ内の「NicoCache.bat」を起動します。「cache」フォルダと「config.properties」ファイルが作成されます。

7.あとは、この状態でニコニコ動画にアクセスして動画を見れば、ファイルがcacheフォルダに保存されます。 最後に、デスクトップにNicoCache.batのショートカットを作っておくと便利でしょう。 なお、ファイルをキャッシュする際は、完全に動画をダウンロードしきらないと、flvファイルには変換されませんのでその点は注意が必要です。 また、閲覧した動画がすでにブラウザのキャッシュに保存されて残っている場合、NicoCacheではキャッシュが行われないようです。

※注意:NicoCacheを起動しない状態で、手順5で設定したプロキシサーバーの設定がオンになっていると、 ネットに接続できなくなりますので注意。回避するには、NicoCacheを起動するか、 「LANにプロキシサーバーを使用する」のボックスのチェックを外しましょう。 (面倒ですが、後者の手順の方が色々と無難です。)

おまけ(Sleipnir + Proxomitron環境での設定例)

なお、私はSleipnir + Proxomitron(Port:8080)という環境だったため、以下のようになりました。 需要があるかどうかは疑わしいですが、設定内容を以下に書いておきます。 なお、Sleipnirを使っている場合、以下にて説明する方法を使えば、上記手順の3~5で書いた、 インターネットオプションによるプロキシサーバーの設定は不要です。

さて、私の場合、ProxomitronのPortが8080だったため、NicoCacheのPortとかぶってしまいます。 このせいで、NicoCacheを最初に起動したときに以下の画像のようなエラーが出てしまいました。 (ちなみに、このときProxomitronは起動された状態です。Proxomitronを終了させればこのエラーは出なくなりますが。)
NicoCacheがデフォルト設定で、ProxomitronのPortが8080のときに出たエラー

ProxomitronのPortは変えたくなかったので、NicoCacheの方のPortを変えることにしました。 config.propertiesをテキストエディタで開いて、以下のように変更。 ここではNicoCacheのPortをデフォルトの8080から8081にしました。

proxyHost=localhost
listenPort=8081
title=true
proxyPort=8080

次にSleipnirを起動して「プロキシ」→「プロキシマネージャ」を起動。
Sleipnirのプロキシマネージャ

追加をクリックして、「localhost」「8081」と設定して閉じます。
プロキシの編集

プロキシが追加されるので、「localhost:8081」を接続に利用するように設定します。
localhost:8081を使用

この後、NicoCache.batを起動してエラーが出なければ利用可能になっています。

これで、NicoCacheとProxomitronの共存が可能です。Webサイトを見る際にも しっかりProxomitronが適用されています。プロキシの切替も楽なので、普通にIEを使っている方は この際にSleipnirを使ってみるのもいいのではないでしょうか。 単に私がユーザーだからおすすめしているだけですがw

注意事項

この手のツールは、サービス提供側としては非公認のものであるため、 使用においては自己責任で行ってください。

▼スポンサードリンク

Posted at 2007年10月02日 | 記事URL | ソフトウェア | Trackback(0) | Comment(0) | Top↑
1つ後の記事:ここにタイトルが入ります。
1つ前の記事:商用利用可能な欧文フリーフォントを配布している『exljbris』














管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→http://smallwebmemo.blog113.fc2.com/tb.php/91-552bfae4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。